注文住宅

注文住宅をお考えの方へ!内装の決め方について解説します!

現在、松山市周辺で注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅をつくるのは決めることがたくさんありますよね。
今回は、その中でも生活していく上で重要である内装について解説します。
内装の決め方もご紹介するので、参考にしてください。

 

□内装は配色と材質にこだわりましょう

内装を決めていく上で参考にしてほしいポイントがいくつかあります。

まずは、配色です。
ベースカラー、メインカラー、そしてアクセントカラーの3つをバランス良く選ぶことで、部屋のデザインに統一感が生まれるでしょう。

ベースカラーは部屋全体で見た時に、7割程度を占めるカラーです。
ホワイト、オフホワイト、ベージュなど、明るすぎず主張が強すぎないのが良いかもしれません。

メインカラーは部屋の主役になる色です。
部屋全体で見た時に2.5 割ぐらいになるようにしてください。
メインカラーはソファーやラグ、カーテンなどのインテリアに使用するようにしましょう。

アクセントカラーはその名の通り、インテリアを引き締める役割になる色です。
ビビット系やインパクトのある色を選んでみてください。

色が決まったら、次は材質にこだわるようにしてみてください。
様々な材質のモノを室内にちりばめることで、室内に奥行きが生まれて、とてもおしゃれな空間にできるでしょう。
木材、紙・障子、プラスチック、金属、革製品、布など様々な材質があります。

1つの材質で統一するのも良いかもしれませんが、上記のような材質のモノを少しずつ使うことで、こだわりを表現できます。
部屋をオリジナリティのある空間にできるでしょう。
是非試してみてください。

 

□内装を決める際の注意点とは

上記では内装を決めていく上でこだわってほしいポイントをご紹介しました。
注意してほしいポイントもあるので、そちらも解説します。

まずは、アクセントを詰め込みすぎないようにしましょう。
おしゃれな部屋を目指すと、様々なデザインカラーを盛り込みたくなるかもしれません。
しかし、上記でも解説したようにあまりにもたくさんのカラーを詰め込みすぎてしまうと、ごちゃごちゃした空間になります。

デザイナーズ住宅などのおしゃれな内装でも、実はベースはかなりシンプルにつくられていることが多いです。
トータルバランスで考えて、単品ずつ決めるのではなく、バランス良く決めていくようにしてくださいね。
もしイメージが湧きにくい場合は、実際に実物サンプルを見たり、住宅展示場などで確認したりしてみてください。
仕上がりに大きく影響してくるので、是非参考にしてみてください。

 

□まとめ

今回は、内装の決め方について解説しました。
内装を決める際は、是非参考にしてみてください。

中古・リノベーションで気をつけてほしいことについて解説します!

現在、松山市周辺で中古物件をリノベーションしてみたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
中古物件などをリノベーションする際に気を付けてほしいことがいくつかあります。
今回は、リノベーションする際に気を付けてほしいことについて解説するので、是非参考にしてみてください。

 

□リノベーションする上での注意点をご紹介

リノベーションを行う上で注意してほしいポイントがいくつかあります。

まずは、その中古物件は間取り変更ができるタイプのものかどうかを確認することです。
これは特にマンションのリノベーション時に重要になるので、押さえておきましょう。
例えば、マンションは構造などの問題もあって間取り変更が不可能な場合があります。
共用部分に近い場所や、壁式構造の間仕切り壁などは撤去がほぼ不可能なので、覚えておいてください。

また、電気の配線や使用できる電源容量、水回りの確認もしっかりと行いましょう。
リノベーションを行う際は、キッチンの改装などが多くなります。
そういった際に気を付けてほしいのが、新しく導入するタイプのキッチンが旧式同様に電源面で問題がないかどうかです。

新しいお風呂にリノベーションする際も同様に水回りを確認するようにしてください。
給排水口の位置やお風呂のサイズなどが現在のモノとどの程度違うのか、あるいは変わってくるのかを確認するようにしてみてくださいね。

リノベーションする際は仮住まいの確保も忘れてはなりません。
現在のところに住み続けながら部分的にリノベーションしていくのであれば問題ありません。

しかし、そうでない場合は仮住まいの確保を忘れないようにしましょう。
部分的にリノベーションすると工期も伸びて、費用も高くなる傾向にあります。
仮住まいを確保して、短期間で工事を行った方が費用も抑えられるので、是非参考にしてみてください。

 

□中古物件を買う際の注意点とは

ここでは買う際の注意点について解説します。

まずは物件の状態確認からです。
床の傾きや部分的な腐食などをしっかりと確認するようにしましょう。
ご自身での確認が難しい場合は、ホームインスペクションなどを利用しても良いですね。

地盤の確認も必須です。
購入後に土壌汚染や地盤沈下などが発覚してしまっては良くありませんよね。
事前にしっかりとチェックするようにしてください。

それに併せて、建物の構造部分や基礎回りも確認しましょう。
中古住宅などは、経年劣化などでそういった部分が弱くなっている可能性もあります。
しっかりチェックして購入するようにしてくださいね。

 

□まとめ

今回は中古・リノベーションで気を付けてほしいことについて解説しました。
是非参考にしてみてください。

杉板浮造り

コンクリート打ちっ放し杉板浮造り壁の打設中♪

みなさこんにちは、カタリナハウスの成松です。
松山市の注文住宅の外構工事ではRC壁のコンクリート打ちを行っています!

杉板浮造り

打ちっ放しコンクリートの中でも最も手間のかかるとされる仕上げ「杉板浮造り」です!

杉板浮造り

意匠にもこだわった壁となりますよ~

仕上がりが楽しみですね~

 

焼杉板

松山市の注文住宅の外壁に焼杉板を貼っています♪

みなさこんにちは、カタリナハウスの成松です。
松山市の注文住宅では焼杉板を貼っていますよ♪

焼杉板

 

焼杉は、杉板を焼いて表面を炭化させた商品です。表面の炭化層が板の劣化を遅らせます。愛媛県や瀬戸内海の島々では古くから焼杉が家の外壁に使われてきました。窯業系サイディングが主流の住宅業界ですがとても風合いがあっていいですよー

焼杉板

 

下地胴縁の様子

焼杉板

仕上がりが楽しみですね~

 

かべ大将

中古リノベーションでの耐震はどうすれば良いのか解説します!

現在、松山市周辺で中古住宅をリノベーションしてみたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
中古物件の評価には必ずと言っていいほど、耐震性が関わってきます。
今回は、耐震性の基準についてと、中古一戸建て住宅の耐震リノベーションについてご紹介します。
是非ご一読ください。

1級建築士

□新耐震基準とは

中古住宅の評価の1つとして、必ず関わってくるのが耐震性です。
耐震性について十分な対策や確認を怠ると、実際に地震があった際に重大な被害を被ります。
不安が残るだけでなく、物件の資産価値や売却時の査定価格などにも影響が出てくるかもしれません。

そこで1つの指標として参考にしてほしいのが、新耐震基準です。
1981年に建築基準法を大きく改正してつくられた基準で、それまでの基準と比べて強度の面でかなり異なっています。
現在も有効な基準として活用されているため、正しく把握しておきましょう。

例えば、実際にこの基準を採用して建設した建物は1995年の阪神淡路大震災で効果を発揮し、被害も少なかったとの確認ができています。
1983年以降に新築された物件であれば、法律上この新耐震基準を満たしているはずです。
一方で、1983年以前に建てられた中古物件を購入する場合、新耐震基準を満たしていないことが多いため注意が必要です。
中には1983年以前に建てられていても、元来、新耐震基準を上回る強度で設計・建設されているものもあります。

そのため、確実に物件の耐震性を把握して、心から安心するためには耐震診断を依頼するといいでしょう。
耐震診断の結果をもとに、必要であれば耐震補強リノベーションを行います。

耐震金物補強

□中古リノベーションで行う耐震補強工事とは

新築の住宅や物件を購入される方も多くいらっしゃいますが、最近では古めの中古物件を購入して、内装を綺麗にリノベーションする方も増えてきている傾向にあります。
新築であれば土地や物件が限られており、希望の条件にマッチするものを見つけるのが難しいでしょう。
一方、中古物件であれば駅近や繁華街の近くなど、理想の立地にある住宅を比較的安く手に入れられるからです。

そこでここでは、中古一戸建てを購入してリノベーションする耐震補強工事について解説します。

旧耐震で建てられた住宅を耐震性を高めるためには、家を支える土台である基礎を補修工事する必要があります。
基礎にひび割れや劣化が見られる場合は補修工事を、鉄筋が入っていない基礎は基礎コンクリートを増打ちすることで補強します。

柱と土台、柱と梁などの接合部分も、地震の際に大きな力が加わる部分です。
腐食して傷んでいる場合は、修繕した上で金物を使用して補強します。

壁は、筋交いや面材によって補強するのが一般的です。
耐震タイプの外壁を施工することでも強度をアップできます。
せっかく外壁を外すのであれば、耐震工事と一緒に断熱工事をしてもいいですね。

このように、住宅のどこを補強していくのかによって耐震リノベーションの費用は変わってきます。耐震診断で、中古住宅の一番弱いところはどこなのかを明確にすることで、どこを重点的に補強すべきなのかがわかりますよ。

耐震補強

□まとめ

今回は、一戸建て住宅の耐震性を高める中古リノベーションについて解説しました。
新耐震基準を満たしていない物件や、満たしているけれども腐敗が進んでいる物件は、耐震補強工事を検討しましょう。
是非、参考にしてみてください。

IKEA KALLAX

子供部屋をIKEAの家具で間仕切り♪

みなさこんにちは、カタリナハウスの成松です。

将来を見据えたフレキシブルな子供部屋づくりについて、1つの空間を間仕切り2部屋にした事例です。
入口は2つありますが、部屋は1部屋です。

子供部屋

子供部屋は、お子様の成長に伴い、使用する人数や用途、収納物・量などが変化します。まだお子様が小さいうちに子供部屋をつくるなら、部屋数を確保するよりも、スペースを広めに取り、必要に応じて柔軟な使い方ができる部屋づくりをするのがおすすめです。お子様の独立後、複数に分けた部屋を再び1部屋に戻して使うことができれば、長期にわたって子供部屋を有効活用できます。そこで壁を新設せず、手軽に部屋を仕切るために活用したのがIKEAの家具です。

IKEA KALLAX

IKEAのカラックスを利用しました。
部屋をカラックスで仕切りさらに有孔ボード(シナベニヤ)を貼ってプライバシーを確保しています。

IKEA KALLAX

フックなど取付けて自由に使えますよね~
将来を見据えた子供部屋づくりをしたい、今ある子供部屋を間仕切りたいなどのご相談がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

リノベーション

中古住宅のリノベーションの期間はどれくらい?詳しくご紹介します!

「中古住宅のリノベーションにかかる期間はどれくらいなのだろう」
今お住まいの住宅や新しく購入した中古住宅のリノベーションをご検討中の方で、そのようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、中古住宅のリノベーションの期間についてご紹介します。

リノベーション

 

□中古住宅のリノベーションにかかる期間をご紹介

中古住宅のリノベーションを行う際は、期間について知っておくことが役立ちます。
ここでは、場所別にかかる期間をご紹介します。

1つ目にご紹介するのは、壁や天井、床の張り替えです。
これらの張り替えは、比較的短い期間で完了できます。
そのため、1日から2日ほどで工事が終わることを押さえておきましょう。
もし床の張り替えで床暖房を取り付ける場合は、さらに追加で1日から2日かかることも参考にしてみてください。

2つ目にご紹介するのは、キッチンのリノベーションです。
キッチンの交換のみを行う場合は、2日から4日で完了できます。
また、キッチンの壁と床の張り替えも行う場合は、1週間ほどで完了できます。
そして、キッチンの移動を行いたい場合は、2週間から1ヶ月ほどかかることを押さえておきましょう。

3つ目にご紹介するのは、お風呂やトイレのリノベーションです。
浴室のユニットバスを取り替える場合は、3日から4日ほどで完了できます。
そして、トイレの本体を取り替える場合は、1日で完了できます。

 

□中古住宅のリノベーションをスムーズに進めるためのポイントをご紹介

中古住宅のリノベーションを始める際は、あらかじめ計画を立てておくことが大切です。
ここでは、その際に参考にしたいポイントをご紹介します。

1つ目にご紹介するのは、仮住まいを考えることです。
リノベーションを行っている間は、住宅での暮らしが制限されます。
そのため、仮住まい先を見つけておくことがおすすめです。

2つ目にご紹介するのは、余裕をもってスケジュールを決めることです。
部分的なリノベーションであれば、短い期間で工事は終わります。
しかし中古住宅を購入してリノベーションを行う際は、工事したい部分がたくさんあると思います。
そのため、余裕をもってスケジュールを決めておくと良いでしょう。

リノベーション

 

□まとめ

今回は中古住宅のリノベーションをご検討中の方に向けて、リノベーションにかかる期間をご紹介しました。
それに加えて、リノベーションをスムーズに進めるために知っておきたいポイントもご紹介しました。
実際に中古住宅のリノベーションを始める際は、ぜひ今回ご紹介した内容をお役立てください。