愛媛から熱田神宮へ参拝

熱田神宮へ参拝

みなさんこんにちは!

「日本三大神社」の一つで愛知県名古屋市の南部にある「熱田神宮」に参拝しました。熱田神宮は、天皇が代々持つ三種の神器の一つ「草薙神剣」(くさなぎのみつるぎ)が置かれたことから歴史が始まる由緒正しき神社です。

草薙神剣は元々、ヤマタノオロチという山の荒神(あらみたま)の体内にあったもので、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の弟である素戔嗚尊(すさのおのみこと)がオロチを退治したときに出現したものといわれています。

「薙」は「薙ぎ払う」を意味しており、迷いや煩悩など負の要素を剣で斬り捨てて、本当に必要なものを打ち立てる意思と力の象徴です。そんな神器が祀られた熱田神宮のパワーにあやかろうと、早朝に参拝を行いました。

名古屋駅前からジョギングで正門大一鳥居到着愛媛から熱田神宮へ参拝

 

結界が張られています。一礼をして中へ熱田神宮

 

鳥居を抜けると空気が一変し、神聖な空間が参拝者を包み込みます。
境内に入ると早速『神鶏(しんけい)さま』にお会いできました。

熱田神宮がこのニワトリを飼っているわけではなく、昔からこの地に住みついているらしいのですが、
実はニワトリは日本神話にも登場する【神の使い】とされる生き物なのです。

威風堂々たる存在感
熱田神宮

第二鳥居愛媛から熱田神宮へ参拝

第二鳥居を抜けると、弘法大師が植えたといわれている「大楠」があります。熱田神宮の境内には全部で7本の大きな楠があるようですが、その1本。幹回りは約7メートル、高さ約20メートル、樹齢約1000年と言われている大木は存在感もすごいです。愛媛から熱田神宮へ参拝

第三鳥居愛媛から熱田神宮へ参拝

第三鳥居を抜けると本宮です。愛媛から熱田神宮へ参拝

本宮に到着してご挨拶愛媛から熱田神宮へ参拝

奥に見える御本殿に鎮まる「熱田大神(あつたのおおかみ)」は、草薙御剣を御霊代(みたましろ)としてよせられる天照大御神のことです。

愛媛から熱田神宮へ参拝素戔嗚尊や日本武尊(やまとたけるのみこと)など五神(ごしん)様も祀られる、熱田神宮で最も神様が集われる場所です。愛媛から熱田神宮へ参拝
本宮を抜け神楽殿をすぎると信長塀(のぶながべい)があります愛媛から熱田神宮へ参拝

織田信長が桶狭間の戦いに出陣する前、熱田神宮に勝利を祈願しに訪れていました。その後、織田信長が勝利を祝って送った頑丈な土の塀です。それが今も現存している事がすごいですね愛媛から熱田神宮へ参拝

いかがでしたでしょうか?現世の荒波を勝ち抜くパワーを授かった気持ちになりましたよ。