ベタ基礎

戸建て増築計画-2

こんにちは!カタリナハウスのスタッフのYuhです^^

セミの鳴き声が日に日に大きくなってきて、本格的な夏の到来を感じますね。

 

さて、戸建ての解体が終わり増築のステップへと進み始めました!

前回の工事の様子はこちら↓

https://catarina.co.jp/catarinahouse/4604/

 

ベタ基礎

今回は「ベタ基礎」と呼ばれる、床下を全て鉄筋とコンクリートで覆う工法で、建物の重さを面全体で支えるため耐震性に優れています。

阪神淡路大震災以降は耐震性を重視し、ベタ基礎を採用する住宅メーカーが多いようです。

 

ベタ基礎

鉄筋を現場のサイズに合わせて切ったり曲げたり…地道な加工をしながら鉄筋を組み上げていき、鉄筋が十字に重なり合った部分に針金を巻き固定します。

ベタ基礎

解体せずに残しておいた既存の土台も活用します。不要な鉄筋をカット!

 

ベタ基礎

鉄筋が組めたら生コンクリートを流しいれ、「締固め」という作業に入ります。

コンクリートに振動を与えることで

①コンクリートが液状化し密度が高まる

②不要な混入吸気が除去される

③骨材(コンクリートに入っている砂利や砂)を均等に分布し強度が高くきれいな仕上げにする

といった効果を得られます。

 

普段は見えない部分ですが、お客様の命に係わるとても大切な工程です。

大変な暑さの中ですが職人の皆様も工事に真摯に向き合ってくださっています。

 

また、進捗をご報告させていただきます🐯

 

 

 

********************************

株式会社カタリナハウス

〒790-0812

愛媛県松山市松前町5-2-9

TEL:(089)916-3332

********************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です