木挽き鋸

木挽き鋸「大鋸」を仕入れました♪

みなさんこんにちは、カタリナハウスの成松です。
今治市の玉川で行われたフリーマーケットで木挽き鋸を仕入れました
ずっとほしかった道具の一つなのでとても感激しています!

木挽きとは木材を「大鋸」(おが/おおが)を使用して人力で挽き切り、製材をすること、もしくは製材する職人のことで、彼らが使う鋸を木挽き鋸というそうです。木挽き鋸

葛飾北斎が『富嶽三十六景』の「遠江山中」として、「木挽」たちの仕事姿を描いています。木挽き

仕入れた鋸をもって喜ぶ成松木挽き鋸

実際に使用してレビューをお届けしたいと思います。

ちなみに、製材時に出る『おがくず』は、大鋸(おが)で引いた切りくずの事を指すそうです
次回は、レビューと共に本物の『おがくず』をお届けしますね~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です