瑕疵保険 完了検査

中古住宅のリノベーション始まりました 5 第三者による完了検査実施!

みなさんこんにちは、カタリナハウスの成松です!

本日は、第三者機関による完了検査が行われました~

瑕疵保険 完了検査

 

 

今回は、第三者機関である住宅保証機構についてご案内したいと思います。

新築では必須なのですが、リノベーションでは任意となっている「瑕疵担保責任保険」リフォーム工事の「第三者による検査」と「保証」がセットになったものです。カタリナハウスでは大型リノベーションの際には積極的に加入しています。国土交通大臣指定の住宅瑕疵担保責任保険法人は5社ありますが、カタリナハウスでは住宅保証機構の保険を用いています。

また、松山市の木造住宅耐震補助事業で補助金を利用する場合は、加入が必須となっています。なので今回は加入が必須でした。

 

瑕疵保険 完了検査

 

瑕疵担保責任保険に入るお客様のメリットは大きく2つあります。

■メリット1 工事工程の中で、建築士の資格を持った検査員が工事内容をチェック
お客様にとってわかりにくい、基礎工事や構造体のことなどを建築士の資格を持った検査員が検査します。検査は工事工程の中で「構造体検査」の中間検査と、工事完了後の「完了検査」の計2回です。中間検査は構造金物施工時に実施。第三者のスタッフが、計画図通りに工事されているかの確認をしてくれるので、お客様にとっては大きな安心につながると思います。

瑕疵保険 完了検査

■メリット2 もしも工事に不具合が発生したときの保証も
あってはならない事ですが、リフォーム工事に不具合があった時の補修工事にかかる費用を保険でカバーすることができます。(請負契約に基づき工事を実施した部分が保険の対象。不具合の発生箇所と原因により保険期間は異なります)

また、万が一、カタリナハウスが倒産してしまった後に、工事部分に不具合が発見された時でも、保険期間内であればお客様から住宅保証機構に補修費用を直接請求することもできます。

しかし、そんな事がないようきちんと日々、現場の監理をしていますよ~

カタリナハウス

 

あとわずかでお引渡しです~

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です